社会保険労務士の勉強法で誰にとっても共通する項目は?

社会保険労務士の勉強法をそれじゃ語っていきたいと思いますけど、基本的にはテキストと問題集を粘り強くやっていくことの繰り返しに尽きるんですよ。
それで失敗しちゃう人は多いですけど、成功している人は実際そればかりじゃないかな? 
あとは・・・まあ参考書や六法等をときおり使ってもいいし、問題集も過去問(これは必須)のほかに予想問題集まで手を伸ばしたほうがいいかな、まあそんな、オプションになる本は入ってくるんですけど。

これ以外に、社会保険労務士の勉強法でポイントとなることを経験者として探すとしたら、範囲がけっこう広くて、過去問を徹底してやって出題傾向を知っても、それでも勉強する範囲がけっこういっぱいになっちゃうんです。
そのままやりはじめると間に合わなくなることがあるんでうまくすべての範囲を抑え込めるようにペース配分等に気をつけることが大きなポイントですね。
どこかで「遅れている」と思ったら、やっぱりその時点で自分のスケジュールやペース配分を見直したほうがいいですね。
社会保険労務士試験の勉強法そのものの見直しももちろん必要なことがあります。
必要そうだったらためらわないでやったほうがいいですよ(といって、コロコロと勉強法を変えても社会保険労務士の受験では無意味なんで、あくまでもバランスが肝心ですけどね)。

社会保険労務士の試験科目は多いです。本当に。
それぞれの出題範囲の最近の特徴や、そこから考えられる社会保険労務士の勉強法のコツのことは、次のページから項目別に分けて書いていきますけど、どこの範囲でも共通していることは「弱点をつくらないこと」そして「弱点があるとわかったらそれを手早く補ってしまうこと」じゃないかな。

過去問はまさにそのためにあるんだし、模擬試験を受けるときも、総合の点数のことを気にするより先に、どこらへんがうまくいかなかったのかを突き止めるほうがいいです。

なかなか苦手部分を克服できないときも、やっぱり社会保険労務士の勉強法のチェンジは検討したほうがいいです。
学校に通っているときは、先生を強引につかまえて(笑)重点的に質問を浴びせて、学校に学費を払っている強みをマックスに活用したほうがいいです。
あとは、独学か通学をやってきた場合で、まだ手を出してないなら一部の通信教育でやっている優秀な教材を使うことも悪くないです。
CDやDVD型の教材の場合、時間の制限なく自宅で講師の指導を受けられるため思いがけない成果が表れることもあります。